歯科でインプラントを行う〜歯を長く使うためのプラン〜

女性

ホワイトニングの種類

医療器具

ホワイトニングには、種類があることをご存知でしょうか?歯科で行うオフィスホワイトニングと、自宅で行うホームホワイトニングの二種類です。オフィスの方は、歯科医が行うので、使う薬剤からやり方までプロ仕様です。つまり、薬剤も効き目が強いものが使えるので、白くなるまでの時間が短くてすむということです。価格は、当然歯科医に診てもらうわけですから、こちらの方が高くつきます。一方で、自宅で行うほうは、歯科でマウスピースを作ってもらいそこに薬剤を流し込んで漂白します。薬剤が、プロ仕様に比べると、格段に効果が低いものが多いのでどうしても効果が出るのに一ヶ月以上はかかります。自宅でできる利点としては、価格が低いことと、自分のペースで行えることです。しかしながら、白くなるまでに長期間時間がかかることや、手間を考えると多少お金がかかってもオフィスの方が良いと思われます。また、使う薬剤などは、プロが様子を見ながら使ってくれるので、問題があっても対処ができます。しかし、自宅で行う方は、口腔内に問題が起きても対処が難しい面があるわけです。ホワイトニングを行う際は歯科に行き、どのような方法でホワイトニングを行うといいか問い合わせてみるといいでしょう。ただ、コストを抑えてホワイトニングするなら簡単に行えるホワイトニングのほうがいいといえます。ただ、ホワイトニング剤の選び方も大切です。ホワイトニング剤によって歯のしみ方が変わってきます「。